About Futarikko Produce

ふたりっこプロデュースは2003年高知県で高校生だった岡村美里と浜田あゆみによっ て「劇団ふたりっこ」として活動を開始しました。2011年より、「ふたりっこプロデュース」と改名し、プロデュースユニットとして浜田が企画制作と俳優としての活動を行っています。2015年からは拠点を高知に戻し、浜田の実家が古くから和紙に携わっていることから、舞台芸術を使っての和紙の魅力を再発見すること、また、地域における舞台芸術の可能性を広げていくことを目標に活動しています。

Futarikko Theatre Company was founded by Ayumi Hamada and Minori Okamura when they were high school students in Kochi, Japan in 2003. The company name changed to “Futarikko Produce” in 2011, and Ayumi has been based in her hometown of Kochi since 2015 as a producer and actor. Coming from a family whose legacy operating a traditional paper (washi) mill that goes back many generations, Ayumi approaches her family’s legacy with the rediscovery of traditional paper through the art of theatre, and she aims to broaden the possibilities of local theatre.

Ayumi Hamada

浜田あゆみ

ふたりっこプロデュース 代表

高知出身。カナダのUniversity of Victoria 芸術学部演劇科卒業。卒業後、東京で役者として活動。2014年、NGOピースボートに乗船し、ユース非核特使として演劇を通じた被爆の過去の継承について取り組む。2015年高知にUターンし、ふたりっこプロデュース代表としてアーティストインレジデンスのプロジェクトや、一人芝居の企画・出演し、県外へツアー公演を行うなど、精力的に活動している。

2014年8月に帰省し、2015年5月から高知で活動開始。2017年3月までの企画公演(再演・WS含)は36本、外部企画公演への参加は14本に至る。

これまで役者として、トリスタン・シャープス、アンジェリカ・リデル、ダリオ・モレッティ、ヴィルバ・タロネン、瀬川昌治、大堀光威、田丸一宏などの作品に参加している。Washi+Performing Arts?未来Project代表でもある。

About Ayumi Hamada
Ayumi graduated from Theatre Department in University of Victoria. After coming back to Japan, she performed in plays directed by Masaharu Segawa, Tristan Sharps, Angelica Liddel(short piece), Dario Moretti, Virva Talone, Ryu Suzuki, Kazuhiro Tamaru, and Koui Ohori and more. She also self-produced a play and participated in the Victoria Fringe Festival. In 2014, she was designated as a Youth Communicator for a Nuclear-Free World by the Japanese Ministry of Foreign Affairs and joined the 83 rd global voyage hosted by NGO Peace Boat. During the voyage, she raised awareness of the catastrophic effects of nuclear weapons through her theatre plays. She returned to her hometown, Kochi, in the summer of 2014. She currently leads and performs not only one-person shows but also propagates “Theatrical Art in local communities” and “Theatrical Art with Washi=Japanese Paper.”
Ayumi has returned to Kochi in 2014 and from May in 2015 to March 2017, she has produced 36 performances, projects and workshops and participated 14 projects.


これまでの公演

「劇団ふたりっこ」2003年、高知県で旗揚げ。

以下の作品はすべて女性二人による公演(高知県にて)

野田秀樹作「売り言葉」
ウィリアム・ギブソン作「奇跡の人」
寺山修司・岸田理生作「身毒丸」


2006よりカナダ・ブリティッシュコロンビア州ビクトリア市にて
浜田あゆみ・Aya WalravenAlyssa Knoxと Futarikko Theatre Companyとして活動

三島由紀夫作「葵上」英語・日本語上演

@Denman House in Victoria
@University of Victoria (SATCO)
@Malespina University College in Nanaimo

井上ひさし作「父と暮せば」英語上演
@Metro Studio in Victoria
@Victoria Fringe Festival
@Grassroot House in Kochi, Japan


<ふたりっこプロデュースの活動>
2011 イヨネスコ作「瀕死の王様」(田丸一宏演出)

2015 Washi Art Project 野田秀樹脚色「障子の国のティンカーベル」/日本全国行脚ツアー(栃木・静岡・東京)/高知ツアー(赤岡・いの・須崎・南国)
2015 Washi+Performing Arts? Project Vol.1
(以降、そのプロジェクトで出来た作品の一部を香川・宮城・福岡・高知県内4カ所で上演。
2016年2月 TPAM(国際舞台芸術ミーティング in Yokohama 2016)ショーケースに参加)
2016&2017 アンデルセン原作「歯イタおばさん」(高知市蛸蔵・いの町立神谷小中学校・赤れんが商家・愛媛 中津音楽学校)
2016 三島由紀夫作「葵上」(赤れんが商家&佐川 浜口邸)
2016 Washi+Performing Arts? Project Vol.2「風の強い日に」(高知・東京)
2016 Washi+Performing Arts? 未来Project (Washi+Performing Arts? 未来Project 実行委員会主催)


ふたりっこプロデュースは、これまで、高知、東京、カナダで公演をしてきましたが、今後も継続して高知から日本各地へ、そして海外の演劇フェスティバルへ参加するなど、活動を広げて参ります。ふたりっこプロデュースの活動をご支援頂ける個人・団体・企業のスポンサー様を募集しております。その他、公演時のボランティアや協賛支援にご協力頂けるスポンサー様も募集しております。どうぞ宜しくお願い致します。

ご支援金のお振込み先(お振込み前に必ずメールでご連絡をお願い致します。)

ゆうちょ銀行口座からお振込みの場合 16430-9034031 ふたりっこプロデュース

他行からのお振込みの場合

(店名)648(ロクヨンハチ)

普通預金

口座番号 0903403

ふたりっこプロデュース

Contact Us on

futarikkoproduce@gmail.com

   

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中